履歴書の書き方・志望動機・自己PRのサンプル

履歴書の書き方/志望動機・自己PRの書き方とサンプル/中高年の転職について

履歴書の書き方の基本から、志望動機、自己PRの書き方・サンプルの紹介。
転職の場合やアルバイトの履歴書、中高年の転職支援活動についても紹介します。




 スポンサードリンク


 履歴書の書き方

履歴書の書き方
履歴書・学歴・職歴・資格
志望動機の書き方
自己PRの書き方
自己PRの書き方・サンプル


 中高年の転職活動

中高年者の転職
転職準備と失業期間
転職・再就職支援セミナー
転職時の労働条件
求人・転職情報の調べ方
雇用形態の種類



 アルバイト・副業

副業アルバイト
アルバイトの履歴書の書き方



 中高年の転職準備と失業期間 


中高年の方に限りませんが、転職(再就職)をするには、思いつきで行動するのではなく、今現在在籍している会社で仕事を続けながら、転職(再就職)の準備を進めるのがよりベターな方法だと思います。


その理由は、気に入った会社(仕事)が見つかるかどうか、また、見つかった場合に、その会社に採用されるかどうか、など不確定な要素がたくさんあるため、なかなか計画通りには進まないのが現状だからです。

転職(再就職)活動のための準備期間としては、各個人によってまちまちですが、少なくとも半年間ぐらいかけて、じっくりと行動したいものです。その間にしっかりと自分のやりたい仕事を再確認し、さらに転職希望先のデータを収集することが必要となります。


ある人事部門の担当者に聞きましたが、中途採用の場合、中高年の在職中の方が面接に来られた場合は、「この人材は欲しい。」という気になるようです。逆にすでに退職している中高年の方が来られた場合は、「とくに光るものがなければ印象に残らない。」という気になり、さらに失業期間が長い中高年の方が来られたときは、「いろんな会社で断られているんだなぁ。」という気になるようです。


それぞれのケースの印象について点数を付けてみると、在職中の中高年の方は、100点満点(あるいはキャリアや人脈によっては、150点ほどに感じるようです。)、退職してあまり期間の経っていない方は、50点前後、失業期間が半年以上経過している場合は、さらに半分の25点前後だそうです。


企業の採用担当者も、中高年の方の転職(再就職)で期待するものは、その人のキャリアと人脈です。前の会社を辞めてから失業期間が長くなればなるほど、その人の人脈や情報が上手く活用できるかどうか不安になるので、印象としては減点されてしまうわけです。


このことは、中高年の方にとって逆に武器として活用できます。つまり、在職中であれば活きた情報と人脈をそのまま活用できますので、そのことをアピールするためにも在職中に転職活動をはじめ、在職中に、自分のキャリアや人脈を活かすことができる転職先を発見する努力をしましょう。


スポンサードリンク


Copyright ©  履歴書の書き方・志望動機・自己PR .All Rights Reserved.