履歴書の書き方・志望動機・自己PRのサンプル

履歴書の書き方/志望動機・自己PRの書き方と例文(サンプル)/中高年の転職について

履歴書の書き方の基本から、志望動機、自己PRの書き方・例文(サンプル)の紹介。
転職の場合やアルバイトの履歴書、中高年の転職支援活動についても紹介します。




 スポンサードリンク


 履歴書の書き方

履歴書の書き方
履歴書・学歴・職歴・資格
志望動機の書き方
自己PRの書き方
自己PRの書き方・サンプル


 中高年の転職活動

中高年者の転職
転職準備と失業期間
転職・再就職支援セミナー
転職時の労働条件
求人・転職情報の調べ方
雇用形態の種類



 アルバイト・副業

副業アルバイト
アルバイトの履歴書の書き方



スポンサードリンク

 志望動機の書き方 


履歴書の書き方で、最も重要でかつ一番難しいのが志望動機の書き方ではないでしょうか。
志望動機を考えた場合、本音は、「大企業だから給料がいい。」とか「業績が安定しているので安心。」、「花形産業なので楽しそうだ。」と思っていても、それを履歴書に書いたり、面接の際に答えてしまうと、合格点をとるのは厳しくなるでしょう。


履歴書での志望動機の書き方は、「なぜ入社したいか?」と言うことを念頭におき、まずは、自分にできること、あるいは将来やってみたいことを考えます。ここでは、自分の特技や現在持っている専門的な資格、あるいは現在勉強中の資格があればそれらを関連させて、自分にできることなどを考えると方向性が見えてきます。


次に必要なのがその会社の企業研究です。なぜ入社したいと言う気持ちになったのか、説得力のある理由が要求されます。それを考え、明確にするためにも企業研究は必要不可欠です。企業研究の方法は、会社案内を取り寄せたり、会社四季報や関連業界の雑誌や書籍を読み、さらに会社説明会に参加したり、時間的に余裕があればOB・OG訪問により現場の声を聞き、その会社の情報を収集します。


企業研究によって知った情報と将来のビジョンを含めた自分のやりたいこと、あるいは自分にできることが明確になると、情報が絞り込まれますので志望動機のアウトラインが明確になります。さらにそのアウトラインにこれまで経験した具体的な体験を交えることで、より明確な志望動機となり、やる気のある応募者として企業の採用担当官の目に留まりやすくなります。




 たった4つのポイントを実行しただけで、

 企業が求めている求人レベルをマスターできた。

 就職試験・連勝者の面接術


スポンサードリンク


Copyright ©  履歴書の書き方・志望動機・自己PR .All Rights Reserved.